【期間限定販売】富澤大輔/「新乗宇宙」special edition 写真8
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

【期間限定販売】富澤大輔/「新乗宇宙」special edition 写真8

¥30,000 税込

送料についてはこちら

箱サイズ:44.5×36.0㎝ 箱、蓋素材:紙 プリントサイズ:大四切り(ラムダプリント) ☆写真集『新乗宇宙』がセットになっています。 【8/30(月)~9/23(木)15:00限定販売】 2020年1月11日。 台湾という”国”の未来を決める『中華民国総統選挙』― そこで生活するたくさんの”小さな主語”。 僕はこの当然の「権利」に、胸が誇りでいっぱいになった。 ------ 2020年1月11日。 香港でのデモが日々続き、 未知のウイルスの存在に少しずつ世界が視線を向け始めた頃、 台湾では『中華民国総統選挙』が行われた。 この選挙は台湾の事実上の独立状態を継続する姿勢の民進党と、 中国との関係の強化を主張する国民党のどちらが選ばれるかという大きな岐路に立たされたものだった。 台湾人の父と日本人の母の間に生まれたから16歳までを台湾で過ごした富澤は、 選挙が近づく日々に緊張と憂鬱をいつも頭のどこかに抱えながら、生まれ育ったその土地を撮影した。 現在、当店ギャラリースペースで展示中の富澤大輔さんのプリント作品、写真集を期間限定でウェブ販売いたします。こちらは、スペシャルエディションの箱入り作品。蓋を開けるとそのまま額になり、飾ることができます。2020年1月の台湾を写した新作写真集『新乗宇宙』をセットにしています。 ※写真の加減で実際の色味とは多少異なります。 ////富澤大輔//// 1993年 台湾/高雄 薛家の長男として生まれる 2003年 父死去 形見としてニコンFGを譲り受ける 2009年 中学卒業 単身渡日し母系の姓「富澤」を名乗る 2011年 ローライ35を神保町のカメラ太陽堂で購入 2013年 千葉県立幕張総合高等学校卒業      台湾に帰省 旅館で住み込みをしながらテキ屋に混ざり屋台を引く      深山にて茶器を焼く手伝いの最中、野犬に襲われ治療のため再び渡日 2014年 東京芸術大学美術学部先端芸術表現科に入学 2016年 第15回写真WALL-1ファイナリスト 2017年 第16回写真WALL-1ファイナリスト 2018年 個展「フラグメント」福島 2019年 写真集「GALAPA」刊行      個展「記憶編移寫眞」台北      写真集「Gynt Peer」刊行 2020年 写真集「新乗宇宙」刊行      個展「新乗宇宙」東京 2021年 東京芸術大学大学院美術研究科修了     個展「新乗宇宙」福岡     新聞「時代」刊行開始